FC2ブログ

プロフィール

ogasanyo

Author:ogasanyo
おがちゃんのホビーの店へようこそ!
自分の趣味であるPC関連商品、おもしろ雑貨、販売していこうと思いますが、今は販売お休み中。
北海道室蘭出身の60代のおじさんです。

カレンダー(月別)

03 ≪│2010/04│≫ 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

年別アーカイブ一覧

カテゴリー

FC2カウンター

「ネットの支払い専用マネー、利用者保護へ安全網」の見出し

今日20日の日経の見出し。
ネットマネーの説明も書いてあるが、ネットでの支払い専用のマネー。コンビニやネット上で購入可能で、発行された番号を入力して、オンラインゲーム用のマネー、音楽配信購入マネーとして、通販の購入などに利用されている。有名な物に「ウェブマネー」「ビットキャッシュ」「ネットキャッシュ」「ちょこむ」「楽天キャッシュ」などがある。
電子マネーの金額データは、サーバーで管理されている。
一般的なスイカ、パスモ、ナナコ、ワオンといった、事前にお金をカードのICチップにチャージして使うマネーとは異なります。
ネットマネーは2010年度で、その発行が7,000億円を超える見通し。
金融庁は、ネットマネーの未使用が1千万円以上ある業者に対して届け出の義務を課す。未使用分の半額を預ける義務も出てきそう。そのほかにも、自社のサービス以外でも使えるネットマネーを発行している業者を登録制とし様々な義務が出てくる。今年の9月までに登録・届け出を求めるとのこと。
ネット上での様々な犯罪や運営業者の破綻など、消費者を守る事を前提に考えての措置だと思うが、電子マネーがネット利用を大きくリードしてきた事は否定できない。サーバーの維持管理や仕組みを作るといった、先行投資負担を負って運営しているネットマネー業者を、少し利益が出たところで、今度は締め付けを強くする以外に方策は無いものでしょうか。
webmoney bitcash chokomu

スポンサーサイト



日経に「iPad部品日本製影薄く」の見出し

4月9日の日経に「iPad部品日本製影薄く」の見出し。
iPadは、4月3日に米国で発売され、売れ行きが好調で、米国外での発売が5月末に延期なったというニュースが最近有りました。
4月末発売で、GWの目玉商品だったようですが、発売が遅れて、少し残念です。
iPadは、日本製の部品がほとんど使用されていない事が、米調査会社のアイサプライが分解したリポートで分かった。
米国製部品:無線LAN
日本製部品:TDK子会社のバッテリー、(東芝のフラッシュメモリー)
韓国製部品:LGのディスプレイ、サムスンのフラッシュメモリー、サムスンのDRAM
台湾製品:勝華科技のタッチパネル
2007年のiPhone発売当時は、タッチパネル部品の9割以上が日本製だった事を考えると、iPadでは日本製部品の比率が極端に低くなった。頑張れ日本!です。最先端の部品でないとはいえ、日本の製造メーカーの本当の底力を見せつけて貰いたいです。
薄利多売の部品メーカーからしか部品を調達しないアップルの強固な姿勢が見えてきます。
2010年はiPad本体を500万台以上販売予定のアップルですが、本当の売上は、本体1台1台にダウンロードするソフト、楽曲、書籍ですから、莫大な売上が期待できます。
とにかく日本で発売され、触ってみてから購入の判断をしようと思います。発売が待ち遠しいですね。
iPadBiz

朝からスープカレー

北海道では有名なスープカレーです。ご飯をディップして食べると美味しいのです。

日本だけが米国での留学生を減らしている

4月10日の日経「こもるな日本」で、驚愕の事実を知った。
何と、現在、米国の留学生の数では、インド、中国、韓国、カナダに続いて日本が5番目という米国IIEの報告。
ネットを探すと、IIEの「米国におけるアジア留学生の推移」があった。ここでは、1995年に日本が45,000人強で第1位でした。他の国は留学生が増える中、日本だけが2000年から留学生が減少。2009年現在では、インドの留学生は10万人を越え、日本の留学生は3万人を割っている。また、インドや中国は、留学生の7割以上が大学院生であるのに比べ、日本は、大学院生は2割にも達していない。
米国だけが留学先だけでは無いとおもいつつも、将来を考えるとゆゆしき事態です。明治維新は、若い薩長のメンバーが中心となり、新生日本を築くため命をかけて行った。
今は、日本国内へ引きこもり、安定した就職先を目指す大学生が多くなったとのことでしょうか。
今こそ、外に大きく目を開き、国力の元である機械・電機・自動車の分野で大いに活躍して欲しいものです。若い時こそ色々経験した物が身に付く。
そういえば、20年ほど前のデトロイト出張では、バーで多くのインド人に会った。彼らは、フォード本社に勤めていると言っていた。当時は、ほんの一握りのインド人エリートが、活躍していたにすぎないが、それが今の予兆だったのかもしれないと思う。
インドのタタ自動車が脚光を浴びるとは、20年前の私は考えもしなかった。モータリゼーションのメッカである米国で学べることを学んだ、多くのインド人がタタ自動車の回りに多くいるのでしょうか。
坂本龍馬が黒船に乗ってみたいという野望を、今の若者はどのような目で見ているのでしょうか。日本はせまいぜよ!という龍馬の声が聞こえてきそうだ。

ryuugaku

ブロッコリーの花



はじめてブロッコリーの花を見ました。きれいでした。
私たちが食べている緑の傘の部分のプチプチ一つ一つが花になるんです。
初めて知った。

埼玉のエシャレット


埼玉は羽尾の親戚の畑でエシャレットを抜きました。
おいしかったです。

米国でのiPad発売に思う

iPadが4月3日に米国で発売された。日本では、4月末に発売予定です。
ジョブスがアップルに戻ってきてから、iMacやMacBookでパソコンのデザインや機能を大きく変化させ、他社のパソコンにも影響を及ぼしたといって良いでしょう。更に、iPodで従来SONYのウォークマンが主流だった分野へ参入。音楽携帯ディバイスに革命をもたらしました。面倒な著作権などのクリアもあったと思いますが、何万曲もの音楽・ビデオを持ち歩くことができます。2000年にSONYを信頼し購入した4万円のメモリーステッィクウォークマン。データをウォークマンに移動するのに面倒なディバイスだった(ソフトがイケテなかった)。iPodは初期のクラッシクタイプ(今も使っています)から、充電するたびに自動的に楽曲をPCから取り込み、ホイール操作でのメニュ選択が新しく、iTunesという操作が簡単なソフトの素晴らしさに驚嘆した。電車で通勤していると、だんだん白いイヤフォンをしている人が増えていったことを今日の様に思い出します。

iPod20GB

IPhoneは、今私は使ってはいませんが、その素晴らしさは、既に実証済みで、世界中から仕事やホビーに使えるアプリケーションが出されています。日本でもソフトバンクから発売され、iPhone3Gになってブームに火がついた感があります。その影響は、他社のスマートフォン発売を見ればわかります。
iPhoneはiPodTouchと同じように使い易いのです。Appleの開発してきた商品は、そこに人がいる。誰もが使える、使い易い商品を目指しているように思います。新しい文化を創っています。
今回のiPad発売についても、キンドルやSONYなどの商品と同じと考えている人が多いようですが、もう一歩先に目をやった商品ではないでしょうか。iPhoneと同じように15万以上のアプリのダウンロードも可能です。ソフトキーボードもあります。
大きなカラーのLEDバックライトタッチスクリーンは、小さな字が読みずらい人にも有効です。iPodTouchのスクリーンも簡単に字を大きくできました。本や新聞を読むだけでなく、iPodTouchと同じように、音楽・ビデオ、Pocdcast、専用のYoutube閲覧、iWorkも動くようです。WiFiや通信キャリアも使えるようになります。iPadの使い方は、人によって大きく広がりますね。新しい時代の到来を予感させるディバイスです。日本での発売が楽しみです。
ipad

府中市日新町ハケ下の桜

sakura2010
坂下橋のピンクのしだれ桜と淡いピンク色のソメイヨシノの絶妙なバランスです

ヨルダンの原発/日仏、受注めざし連合の日経見出し

今日は、4月1日、新年度の始まり、多くの会社の入社式のニュースがテレビのニュースを飾っています。
頑張れフレッシュマン!未来は明るい。
今日の日経新聞に「ヨルダンの原発/日仏、受注めざし連合」の見出し。
日本政府は原発関連の技術や機器の輸出が可能になる原子力協力協定について、ヨルダンと交渉に入るとあります。
昨日の中央日報のニュースで「韓国が1500億ウォン(約120億円)規模の研究用原子炉を中東ヨルダンに輸出する契約が締結された。」というのがあります。
韓国は政府主導で電化製品、携帯、原発等々、将来の国の基盤となる産業について、世界に広げている。
これに対して、日本は少し後追いの感がある。技術が優れていても、他の国に行って売れなければ何にもならない。
3月に終わったドラマで山崎豊子の「不毛地帯」でも、壱岐さんが、商社マンとして、飛行機・車・石油の獲得に向け、世界の中で戦った事が思いおこされる。
今こそ、日本は再び技術で立ちましょう!10年も経てば、今のフレッシュマンも海外を相手に活躍していることに期待したい。
kuma