FC2ブログ

プロフィール

ogasanyo

Author:ogasanyo
おがちゃんのホビーの店へようこそ!
自分の趣味であるPC関連商品、おもしろ雑貨、販売していこうと思いますが、今は販売お休み中。
北海道室蘭出身の60代のおじさんです。

カレンダー(月別)

12 ≪│2012/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

年別アーカイブ一覧

カテゴリー

FC2カウンター

心の健康

netdegennkimaru
尾張旭市のホームページの左のメニューに あなたの健康づくりを応援する「元気まる」 があります。
尾張旭市保健福祉センターが行っている「身体の健康」と「心の健康」をチェックする、フラッシュのサイトです。「こころの天気予報スタート」から「心の健康チェック」を行うと、心が晴れでも、何かあったら周りの人に相談しましょうと出てきます。
心の天気が曇りや雨なら、市内の心療内科などの情報も出てきます。時代を反映したサイトをいち早く市民のために準備した尾張旭市の活動が素晴らしいです。
スポンサーサイト



人間将棋

humanshougi1
humanshougi2

友人の堀口弘治七段から人間将棋を行ったと聞き、将棋連盟のHPをチェック。
都立田柄高校では「将棋」の授業が第3学年の必修選択授業となっている。講師は堀口弘治七段で、教員がサポートし、将棋という日本の文化を学ぶために一緒に生徒を教えたそうです。昨年12月に行われた成果発表会の様子が写真で掲載されていました。
全国でも初の試みである「人間将棋」との事。駒や衣装の陣笠もすべて手作りで、教育の大切さを改めて認識した。
終了後の生徒の声では、本当の人間将棋を見てみたいというのがありました。天童市では毎年4月に人間将棋が行われています。

将棋の里見香奈さんが女流初の初段棋士に

satomikana

1月8日日経で将棋の里見香奈さんが女流初の初段棋士になったとの記事。将棋界には、男女を問わずに奨励会を勝ち抜いて四段になると資格を得られる「棋士」と、女性だけがなれる「女流棋士」の2種類のプロがあり、今まで棋士になった女性はまだいなかったの事。里見初段は同時に女流棋士としても活動。女流名人女流王将倉敷藤花の三冠を保持。素晴らしい活躍ですね。まだ10代ですので、今後の活躍も期待しています。スポーツの世界も若手の活躍が報告されていますが、将棋の世界も熱いですね。

リッター50kmの快挙

mitsubishi_SUV

ここ数年ヤングの車離れが伝えられているが、三菱自動車から燃費がリッター50kmという魅力的なニュース
東京モーターショー2009で、三菱自動車から「Mitsubishi Concept PX-MiEV(コンセプト ピーエックス ミーブ)」と「i-MiEV CARGO(アイ・ミーブ カーゴ)」という2台のコンセプトカーが世界初お披露目。
電気自動車(EV)の「i-MiEV(アイ・ミーブ)」をいち早く実用化した三菱らしく、前後で独立したモーター駆動のEV走行がメインで、必要に応じてガソリンエンジンが発電と動力アシストを行う仕組みでリッター50kmという燃費性能をたたき出した。常時前輪モーター駆動で、前輪がスリップする時に後輪のモーター走行も駆動する。
リッター50kmの燃費で40リッターのガソリンタンクとしても2,000kmの走行ができ、東京-青森間をゆうゆう往復できる。次の車はこれですね。

風力発電導入68%減

jwpa

1月11日の日経に「風力発電導入68%減」の文字。
日本風力発電協会は10日に国内で稼働する風力発電設備の能力(新規導入量)が、前年度比68%減の約8万2000キロワットになるとの予測を公開。補助金の打ち切りなどで発電所の開発が停止していることが要因との事。10万キロワットを下回るのは11年ぶりとの事。
本年7月には風力が生み出した電気の全量を電力会社が固定価格で買い取る制度が始まるため、12年度以降の導入量は拡大する見通し。
ソフトバンクグループ他が大規模な風力発電所の新設を計画しているが、新設に着手してから稼働するまで1~2年かかるので、すぐには大幅な風力による発電量拡大にはつながらず13年以降にずれ込むようです。

タブレット型端末が開く未来

iPad2
スティーブンジョブスが残したiPadは、本当に実用的なディバイスだ。私の高齢の両親は、私からのメールや添付した写真を毎日の様に見ている。最近では、両親が撮影した写真を送ってくるようにもなった。昭和一ケタ世代でも操作できる端末を生みだした事で、ジョブズに感謝してる。
1月1日の日経には「タブレット型が普及」の文字。矢野経済研究所によるとタブレットの国内出荷台数は;
2010年:96万6000台
2013年には6倍の602万台と予測する。
カタログを沢山持って営業をしていた業種の方々、特に建築設計の友人は、たくさんのカタログをiPadに入れて営業に役立てている。また会議でペーパーレス化を推進している会社も多いとの事。
エーザイはカタログをスムーズに見せるために、インフォテリアの「ハンドブック」を取り入れたとの事。サーバーで管理する膨大な文書や動画をクラウド技術を使って配信。書籍のページをめくるような感覚で素早くタブレットに表示できる様です。利用範囲は営業のみならず、教育の分野でも活用されているようです。
膨大なカタログやデータベースのデータとも連動するタブレット端末の出現によって、カタログやマニュアル印刷の仕事は激減する事は免れないでしょう。また、会議用のカラーコーピー代の大幅削減にもつながり、経費削減にも大きく貢献します。一つのディバイスの出現が、大きく日常の生活も変えます。


2012年を さあ出発!

2002sunrise

2012年元旦 午前8時の太陽
今年は、大きな災害や事故もなく、景気も上向きになる事を祈っています。
12月29日の日経に会社研究のコラムに日本製鋼所が載っていた。
忘れてはいけない3月11日の東日本大震災で福島原発の放射能漏れが起き、原発建設に大きな歯止めがかかった。
しかし原子力用の圧力容器や周辺機器の製造が遅れるなか、大型鍛鋼を使った火力発電所用のシャフトや、産業向けフィルムシート製造装置(国内4割強を製造)が大きく下支えし、2012年3月期の営業利益は220億円と約2割の減少にとどまる見込み。
wind
1970年頃から本格的に原子力発電向け大型鍛鋼製品の製造を開始した日本製鋼所だが、原子力発電所建設ラッシュ~世界的な原発製造中止の時代で他社が原子力部材の製造を中止する中、大型鍛鋼品である圧力容器製造の技術・設計改良を繰り返してきたことにより、現在では670トン鋼塊と世界最大級の1万4,000トンプレス機で世界最高級の高品質大型鍛鋼品を製造しています。更に、風力発電所製造の分野でも、タワーからブレードまでの製造を行い、全国では90を越える風車が稼働中である。今後も、日本の取り組みが遅れているこの風力発電の分野でも、風力発電タワー数で10倍のドイツを追い越すべく、大きく活躍されん事を期待しています。