fc2ブログ

プロフィール

ogasanyo

Author:ogasanyo
おがちゃんのホビーの店へようこそ!
自分の趣味であるPC関連商品、おもしろ雑貨、販売していこうと思いますが、今は販売お休み中。
北海道室蘭出身の60代のおじさんです。

カレンダー(月別)

02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

年別アーカイブ一覧

カテゴリー

FC2カウンター

「ネットの支払い専用マネー、利用者保護へ安全網」の見出し

今日20日の日経の見出し。
ネットマネーの説明も書いてあるが、ネットでの支払い専用のマネー。コンビニやネット上で購入可能で、発行された番号を入力して、オンラインゲーム用のマネー、音楽配信購入マネーとして、通販の購入などに利用されている。有名な物に「ウェブマネー」「ビットキャッシュ」「ネットキャッシュ」「ちょこむ」「楽天キャッシュ」などがある。
電子マネーの金額データは、サーバーで管理されている。
一般的なスイカ、パスモ、ナナコ、ワオンといった、事前にお金をカードのICチップにチャージして使うマネーとは異なります。
ネットマネーは2010年度で、その発行が7,000億円を超える見通し。
金融庁は、ネットマネーの未使用が1千万円以上ある業者に対して届け出の義務を課す。未使用分の半額を預ける義務も出てきそう。そのほかにも、自社のサービス以外でも使えるネットマネーを発行している業者を登録制とし様々な義務が出てくる。今年の9月までに登録・届け出を求めるとのこと。
ネット上での様々な犯罪や運営業者の破綻など、消費者を守る事を前提に考えての措置だと思うが、電子マネーがネット利用を大きくリードしてきた事は否定できない。サーバーの維持管理や仕組みを作るといった、先行投資負担を負って運営しているネットマネー業者を、少し利益が出たところで、今度は締め付けを強くする以外に方策は無いものでしょうか。
webmoney bitcash chokomu

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: